過去の模様





第1回とちぎ将棋まつり(平成22年1月10日、11日)

羽生名人をはじめ20名のプロ棋士が出演し、会場は二日間で3500名の来場者でにぎわいました。 (席上対局、指導対局、サイン会、こども将棋大会など)

出演棋士

1/10(日) 1/11(祝・月)
  • 米長邦雄 会長
  • 羽生善治 名人
  • 藤井 猛 九段
  • 中川大輔 八段
  • 片上大輔 六段
  • 戸辺 誠 五段
  • 瀬川晶司 四段
  • 岩根 忍 女流二段
  • 北尾まどか 女流初段
  • 渡辺 明 竜王
  • 森内俊之 九段
  • 西村一義 九段
  • 先崎 学 八段
  • 阿久津主税 七段
  • 神吉宏充 六段
  • 広瀬章人 五段
  • 上田初美 女流二段
  • 熊倉紫野 女流初段

ネット中継

1/10(日) 1/11(祝・月)
10:30 実力派対決
【藤井猛九段-片上大輔六段】
10:30 同門対決
【森内俊之九段-広瀬章人五段】
17:00 スペシャル対局
【羽生善治名人-戸辺誠五段】
15:00 特選対局
【渡辺明竜王-阿久津主税七段】

メッセージ

名前をクリックするとコメントが表示されます。

祝辞

特別顧問

  • 船田 元(前衆議院議員・作新学院院長)
  • 「このたびは「とちぎ将棋まつり」が、東武百貨店イベントプラザにて盛大に開催されますことを、 心からお祝い申し上げます。このイベントは文化庁の「地域芸術文化振興プラン」の一環として、 栃木県将棋楽友協会の努力によって開催の運びとなりました。 如水和也理事長の熱心な誘致活動に多くの人々が揺り動かされましたが、私もその一人でした。 あいにく関西への出張が重なり出席できませんが、如水理事長の采配で必ず成功するはずと信じています。 将棋は平安のいにしえから続く、日本古来の高度な文化ですが、最近は若いプロ棋士が数多く誕生することなどから、 子どもたちにも急速に浸透してきています。 現在、栃木県出身の棋士は残念ながらおりませんが、私のやっている学校でも多くの棋士の卵が頑張っています。 今回のイベントをきっかけに、本県でも多くの将棋ファンが誕生することは間違いありませんが、 プロ棋士の誕生も夢ではなくなると思います。 今回は米長永世棋聖、羽生名人をはじめ素晴らしい方々が来県し、様々な対局やトークショーが予定されています。 将棋ファンばかりでなく、多くの県民の皆様に楽しんでいただけるイベントになりました。 また近いうちに宇都宮で名人戦を開催したいとの声もあるようで、とても楽しみです。 最後になりますが、如水理事長をはじめ協会の皆さまや、会場を快くお貸しいただいた東武百貨店の皆様に、 敬意と感謝を表しますとともに、イベントの成功を心からお祈りしつつ、私のお祝いの言葉といたします。」

委員長

監事

事務局長

委員

後援・協賛・協力

株式会社下野新聞社
株式会社ドワンゴ
株式会社囲碁将棋チャンネル
株式会社小学館
エルライズ株式会社
文星芸術大学附属高等学校
株式会社ピノキオ薬局
医療法人城東クリニック
公益社団法人日本将棋連盟
株式会社ねこまど
宇都宮グランドホテル
将棋駒研究会
吉田将棋碁盤店
中島清吉商店
株式会社ジード